スリムボディの作り方

カラダ作りの最前線で働くサラリーマンの徒然ブログ。ダイエットや健康作りに関する質問にもお答えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



インフルエンザ対策に!! マスクのまとめ買いサイト
マスクのまとめ買い 医者要らず.com

Yahoo検索だけで1日200円? 2010.10は軽く5,000円超えを達成!
クチコミ検索でお馴染みの ”BUZZIMP PRESS”

日々のWEBブラウジングをお小遣いに変える!!
お小遣いは自分で稼ぐ! 初心者のためのポイントサイト入門



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家庭用体脂肪計・体組成計の正しい使い方

家電量販店やドラッグストアでよく見かける体脂肪計、最近では体組成計という名の
多機能版も登場していますので、どんなものを選んだら良いのか迷ってしまいますね。

体重計のように両脚で乗って測定するタイプや両手でグリップを握るのを組合せて
使うタイプがありますが、これらは全て体内に微弱な高周波電流を流して、その流れ
易さから体内の組成を推定する仕組みです。

難しい事を書けば色々とあるのですが、ここでは日常生活の中で出来るだけ正確に
測定を行う為に気をつけないといけない注意点を述べるに留めます。

体内に電流を流した時に、その流れ易さを左右するのは、ひと言で言えば水分の多寡
(多いか少ないか)です。カラダの組成を大まかに脂肪、筋肉、骨という感じで分けて、
骨はほぼ絶縁体と考えて良いので無視するとして、筋肉は電気を比較的よく通すのに
対し、脂肪はあまり電気を通さないので、電気を流すだけであなたの脂肪量や筋肉量
の推定が出来るのです。

気をつけないといけないのは、これらはあくまで推定量であって、日内で変化するもの
であるという点です。電気を通す通さないを決めるのが前述の脂肪量と筋肉量だけで
あれば良いのですが、実はカラダの中身は時々刻々変化しているので、そんなに単純
な話ではないんですね。

例えば体内の水分量や体温の変化によっても電気の通し易さは変わりますし、測定
時の姿勢によっても変わってしまいます。順を追って説明しましょう。

1) 水分量の変化
朝起きた時というのは、就寝中の発汗に対して水分摂取が皆無なので極めて水分の
不足した状態、端的に言えば血液ドロドロな状態になっています。朝起きた時にコップ
一杯の水を飲みましょうと良く言われるのは、大変理に適っているのですね。水分が
不足していると電気を通し難くなるので、この時に体組成を測定すると脂肪量大、筋肉
量小という測定結果になってしまいます。

激しいスポーツをして大量の汗をかいたときやお風呂あがりなども発汗の影響で水分
が不足しがちです。こういう時に測定すると、データがばらつく危険性が高まります。
また水分は偏在するという点も見過ごされがちです。特に女性でデスクワークを主とし
て働いておられるOLさんなんかは要注意です。この時期には通勤にロングブーツを着
用される方も多いかと思いますが、朝は問題なく履けたのに、帰宅時に履こうとしたら
脚がパンパンでなかなか入らないという経験をされた方も多いかと思います。これは
所謂”むくみ”ですが、”むくみ”とは”脚の末端に水分を多量に含む老廃物が蓄積した
状態”ですから、このような時に測定しても誤差を生じる原因になります。

2) 体温の変化
スポーツやサウナ・入浴等で通常よりも体温が上昇している局面ではどうでしょうか。
体温が上がる原因はスポーツは内的、サウナ・入浴は外的な要因により生じる局所的
な体温上昇が血液循環により体内にくまなく行き渡った状態と考える事が出来ます。
普段の生活時に比べて血流が活性化している時というのは電気を良く通しますので、
これも誤差の原因になります。あまり知られていませんが、磁気マットレスや磁気枕、
磁気テープ(エレキバン等)や磁気ネックレス・ブレスレット等も同様の作用があります。
こういう状態での測定も避けるべきでしょう。

3) 姿勢の変化
上記で血流が活性化していると電気を良く通す、と書きました。これは姿勢についても
言える事なのです。どういうことかと言うと、体重計タイプでは両脚でプレートの上に乗り
ますよね。グリップ式であれば左右の手でグリップを握りますよね。この両脚で姿勢を
保持する、グリップを両手で保持する、という時に筋肉が緊張します。筋肉が緊張する
という事はつまり、筋肉が収縮するという事で、これは筋肉組織中の血流が制限された
状態という意味です。家庭用体組成計をお持ちの方で、両腕・両脚の筋肉量を表示する
機能の付いたものをお使いの方は試して欲しいのですが、例えば左脚重心で立ってみ
たらどうなるか、或いは右手だけ強く握ったらどうなるか、実験してみましょう。普段の
数値とは大きく異なる結果が得られるはずです。常に同じ姿勢で、且つ出来るだけ
真直ぐ立つ、出来るだけ軽くグリップを握るというのが誤差の少ない測定には大切です。

なお、これは業務用になりますが、こうした姿勢の変化による誤差に対応して、仰向けに
寝て測定するタイプもあります。御興味のある方はこちらを参考にしてください。
最近TVで良く取り上げられている装置なので、もしかしたらご覧になられた方もおられる
かもしれませんが、私が見てきた中では最も優れた業務用体組成計だと思います。
機会があれば、業務用体組成計についても取り上げてみようと思います。


インフルエンザ対策に!! マスクのまとめ買いサイト
マスクのまとめ買い 医者要らず.com

Yahoo検索だけで1日200円? 2010.10は軽く5,000円超えを達成!
クチコミ検索でお馴染みの ”BUZZIMP PRESS”

日々のWEBブラウジングをお小遣いに変える!!
お小遣いは自分で稼ぐ! 初心者のためのポイントサイト入門



[ 2009/11/24 07:03 ] ダイエット | TB(0) | CM(2)
こんにちわ♪ 


スゴイ詳しく書かれていたので、
勉強になりました。

水分量が関係しているのは、知っていたんですけど
体温や姿勢も関係あるんですね!!


また訪問させていただきます(^o^)

最後は応援ポチッ してきますね♪




[ 2009/12/06 13:48 ] [ 編集 ]
ご覧頂きまして有難うございました。

どんなものでも同じ事ですが、物事を正確に測定する為には
何が影響するのかを詳しく知っておく必要があります。

これからも折に触れて、ダイエットに関する豆知識というか、
具体的に日常生活の中で活かせる話題を書いていこうと
思います。

応援、宜しくお願いします。
[ 2009/12/07 11:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
応援よろしくお願いします!
コチラも観てね!


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。